inter-play



<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


あの日、俺はリプリーになったのさ。

「うまい某」のキャラクターが、邪悪なドラえもんにしか見えんのです。













昨日は、嫁の実家でシュウマイ作り。
人生初のシュウマイ作り。
おそらく幼稚園ぐらいの頃だっただろうか、祖母の家で餃子作りをしていた時、あまりの下手糞さに母がイライラしていたのを思い出した。
祖母は未だにその時の話を持ち出しては、笑いの種にしてくる。
未だに弟と父と俺の名前を混同しているくせに、餃子はバッチリ覚えているお婆様。
ぜひ、実用的なほうを覚えてください。
それともなんですか。
僕らの名前より、餃子のほうが刺激的でしょうか。

隣から嫁母の熱視線を感じながらのシュウマイ作り。
ふぅ、溶けちまいそうだぜ。
お母さん、大丈夫ですって。
突然奇声を上げながらタネを握りつぶして、スタンハンセンのモノマネをするような子じゃないですから。
しかしそこは、不器用さを隠し切れない素直な自分。
そんな自分が悔しくて、愛しくて。

「ヘタねぇ。」

はい、ごめんなさい。
自分、やっぱり不器用っす。
それでも必死に、生きてるんだよ。
不器用なりに、生きてるんだよ。
器用な人達を横目に見ながら、血の涙を流して頑張ってるんだよ。
うん、わかるよ。
自分がとっても不器用で、とてもじゃないけどシュウマイには見えない物体を作っていることぐらい、わかってるよ。
けどね。
不器用だから、下手糞だから、手際悪いから、だから、こんなに愛を込めて、指プルっプルさせながら頑張っているんじゃないか。
今の僕みたいな瞬間が、きっとあなたにもあったはずなんだ。
思い出してみてくださいよ。あの日、初めてシュウm


「あら、シュウマイっぽくなってきたじゃない。」


あざーす!!!!!!!!!!!!!
それもこれも、お母様のご指導が素晴らしいからでございます!!!!!!!!
お母さん、向こうにある、ひき肉をでん粉で包んだ物体は、僕が食べます。
ご要望であれば、鼻からでも今日はイケそうです。





気が付けば、ここまでお母さんと接近したのは初めて。
初体験がここまで素敵だと、気分がいいもんだ。

お父さんと一言も会話してないけど。
あれれれ?















追伸:
失敗したシュウマイが、エイリアンの卵に見えたのです。
[PR]
by sukkesuke85 | 2006-02-20 14:05 | 妄想日常激情

おおきなおやしきに、とついじまったのさ。

f0022315_2346772.jpg



大声で伝えるよりも、静かに語るほうが遥かに効率的で、困難を伴う。
しかしその代償は、その結果にしか生まれない場合が大抵である。
(失念)









あれだな。
国会中継ってやつは、18禁にすべきだ。
あんなもんを見せられちゃ、まともなお子さんは育たんだろうし。
質疑応答の大原則が、完全に見失われている。
さしずめ「10代しゃべり場」かい。
不毛な論議を繰り返すワイドショーのコメンテイターとの違いがわからない。

ありゃ。
こうしている自分も大差ないか。
あわわわわ。


みんながホリ○えモンが大好きなのは分かるけど、もっと他の話を聞きたいものだ。
例えば、天下りにかかる補助金の内訳について、とかとか。
年間5兆円という素敵な額を、いったいどこに与えたというのか。
義理と人情の国、日本。
随分と太っ腹のご様子ではあるが、国民はそこまで太っ腹じゃないぜ。
このまま増税した後も、相変わらずの大判振る舞いを続けるつもりなのだろうか。
いやー、サムライの国はクレイジーネー。

とりあえず、腹切って果ててみましょか。
議員の皆さん、どうぞ立ち合ってくださいまし。
[PR]
by sukkesuke85 | 2006-02-18 23:45 | 駄文

遥か

f0022315_8353422.jpg

彼女が昨日、宇宙が見たいと言ったんだ。
僕はすっかり困ってしまったよ。
だって、そもそも宇宙ってやつが何なのか知らないし、そいつがどこで手に入るかも知らないんだ。
友達とかにも聞いて回ったけど、みんな僕を笑うばかりでちっとも教えてくれない。
町を一日中歩いて探してもみたけれど、それらしいものは一つも見つからなかったよ。
だけどその夜、僕は夢を見たんだ。
宇宙をお腹いっぱい食べる夢をね。
僕は嬉しくて嬉しくて、朝一番に彼女に会いに言ったよ。
そして、眠そうな彼女にこう言ったんだ。
僕の瞳を見てごらん。ほら、これが宇宙だ。昨日、夢で見つけた宇宙だ。
だけど彼女は、こう言ったんだ。
残念だけど・・・それは宇宙じゃないわ。私、そんなもの、ちっとも見たくないわ。
僕はすっかり困ってしまったよ。
こいつが宇宙じゃないのなら、宇宙ってやつはどこにあるんだい。
僕が昨日食べたこいつは、いったい何なんだい。
こんなもの、僕は今まで見たことも聞いたことも無いんだ。
それが宇宙じゃなかったのかい。
[PR]
by sukkesuke85 | 2006-02-17 08:56

「わたしは名前をとりもどした。」

f0022315_23295138.jpg




ことばは沈黙に
光は闇に
生は死の中にこそあるものなれ
飛翔せるタカの
虚空にこそ輝ける如くに

(「ゲド戦記」 第一巻:影との戦い)








ファミレスで何時間もおしゃべりできる人が理解できません。

一昨年まで所属していたサークルの演奏会に、受け付けとして参加するため、その打ち合わせ兼おしゃべり会がありました。
ファミレスにおよそ四時間。
もー、無理。
おっちゃん疲れてしょうがないわ。
ドリンクバーの元とりたくて頑張ったけど、お腹たぽたぽしよる。




ところで、次のスタジオジブリ作品は、かの有名な「ゲド戦記」だそうで。
あんな地味な作品をよくぞ。
他の作品と比べると、言葉の輝きはダントツですが。

しっかし、「指輪」に「ナルニア~」といい、最近は往年名作ファンタジー合戦ですかい。
もしそうだとしたら、次は「コンピューターおばあちゃん」を、ゼヒ。
[PR]
by sukkesuke85 | 2006-02-16 23:45 | 妄想日常激情

雨傘デート

雨の朝、じとりと纏わりつく湿気に目が覚める。
眠れぬ夜に語り来る、ボケた視界の悩みのような気味悪さ。

特に、股間のあたりが。

臭う前にシャワー浴びましょ。
そうしましょ。
[PR]
by sukkesuke85 | 2006-02-16 09:52 | 妄想日常激情

イマジンが大嫌い

学校から盗み出したウサギを蹴って遊んでいたそうな。
「蹴って遊んでいたら、死んでしまった。」
彼らの一人は、こう言ったそうな。









でっかい棍棒で殴られりゃ、君も死ぬだろうさ。
そんぐらい分からんのかいね。




今日の晩飯には、少しの豚肉が入っちょりました。
食べたいから買って、食ったんです。
元豚。
だからしっかり手を合わせて、「頂きます」と言うのです。
食べ終われば、「ごちそうさま」ともう一度手を合わせるのです。
きっと、食わなくても生きることはできるんです。
それでも食べたいから、食ったから、手を合わせるんです。
誰もが誰かに言うように、「ありがとうございました」と言うのです。

だけど、きっとその豚は、食われるために育てられた豚なのでしょう。
たまにそれを思うと、胃の中がきりきり悲しくなったりします。
もしも自分が、と思うと、食器を洗う手がいつもより冷たく感じるのです。
そんなことを思いながら、きっとそのうち俺は肉を食います。
食いたいから、食うんです。
そんなもん。

そうして毎日どこかで、生き物を殺しているわけです。
この手をつかっていなくても、誰かの手を動かす理由の一つなんです。
人間性が云々・・・とか言われるが、そんな甘い言葉でこの世の殺生全部語れるかい。

食うために殺すのは、いいやな。
殺すために生かすのは、切ねぇな。
だけどそのおかげで、美味いもん食えるんだよな。
まいったな。
しょせんあっしも欲まみれの男ってことか。




ってことで。
殺すなら、食えよ。
食えないなら、殺すなよ。
捨てるなっつーの。
パックンチョ。
[PR]
by sukkesuke85 | 2006-02-15 22:05 | 駄文

一寸先の闇

f0022315_12402053.jpg





必死に飯を食らう、我が家の夜の帝王、マメさん。
あんなに臆病な彼も、このときばかりは逃げません。
目の前のご飯を逃すまじと、ひたすら喰らう喰らう。
大丈夫よ。君のご飯には興味ないよ。

しかし只今、我が家の家庭事情は切迫した状況。
日々の食事もままならぬ。
こんなときだからこそ、飯のありがたさが胃に染みる。
お湯に醤油たらしただけのうどんが、どっかの高級霜降り肉と肩を並べる。

それでもこうして帰る家があって、のんびり「腹減ったな」なんて愚痴れる幸せ。
毎夜、大事なあんたが隣で寝息をたてている幸せ。
その程度かといわれても、腹も立てずに「そうさ」と言える幸せ。
誰かの不幸せをわかったつもりになって、本気で悲しくなれる幸せ。

すっごくわがままで、残酷だけど、誰にも奪われたくない。
ところがとんでもなくあやふやで、ちょっとつつけば崩れそだな。
だけど、誰かに量られちまうような幸せなんて、あたしゃ別にいりません。
どんなに罵られたって、すっかり気に入ってしまったもんで。
[PR]
by sukkesuke85 | 2006-02-14 12:37 | マメ

開けた空を何度見過ごしてきたことか

「心が満たされない時代だ。」
ただのワガママのような気がしてしまうのは何故。








父の仕事の都合上、転勤に伴った多くの引越しを経験してきました。
およそ二年から三年に一回のペースで、それが当然だと思うのも必然だったのでしょう。
物心つく頃には、さて次はどこへ行くのだろう、という気持ちがいつもありました。
まぁ、そこらへんの話はいずれ詳しく。

今は、こんにゃく畑で有名のはずが、ほとんんどの人がその実態を良く知らない群馬県に一軒家を構え、悲しいかな父は、朝の4時に起きて通勤をしております。
あらためて感謝。
アタイも頑張るわ、パパン。
勃たなくなることが無い程度に。

さて、その群馬県ですが。
何もないんです。
例を出すなら、

「君の家の周り、目印になるようなものある?」
「そうだな・・・南と東がネギ畑だよ。」

いや、マジで。
極端な例かもしれませんが、「家の裏が温泉」みたいなセレブ風村民もいますから。
あくまで「セレブ風」ですけどね。
そいつの家、牛飼ってますけどね。
お乳搾ってましたよ。慣れた手つきで。
まぁいやらしい。
幸い(失敬)にして、実家の近辺はここ数年の間で急速に成長している土地柄のおかげか、そこまで日本昔話なイメージはないんですが。

しかし、都心近くで暮らすようになって、力の差を痛感しました。
人も商品も食べ物も、なんとモノがあふれていることか。
こっちから見に行かなくても、向こうから見せに来てくれる。
そんな印象を受けました。
イメージとしては、スーパーサイヤ人がそこらじゅうにいる感じ。
いやでも目に入りますわな。

初めはそんな世界にウハウハしたもんです。
まさに脳内阿波踊り状態でドーパミンエンドルフィン過剰分泌です。
なにせ、ちょっと足を運べば、なんでもそろっちゃうんだヨ!?
思わず興奮して、ウンコも出ちゃうヨ!!
おかげさまで出はしませんでしたが。

しかし、異変に気が付いたのは、一人暮らしで初めての夏がやってきた時でした。
なんだか、とても息苦しかったんです。
肺が重い、という感じでしょうか、呼吸をするたびに倦怠感が襲ってくるようになったのです。
こいつは今はやりのアレか?ウツビョオーってやつか?
とヘラヘラしながら、不謹慎な勘違いをしておりました。
今考えると、答えは単純。
空気と水の違いなんですな。
実家に帰るたびに、そのことを実感します。
何よりも、水がマズイ。
後々になって知ったんですが、神奈川県の水は日本一の不味さ、だということでした。
そりゃー米も不味くなるわよ、おっかさん。
あんなに孝行者だった息子も、性格悪くなりますって。


先にお話したとおり、実家の周辺は群馬の中でも特に発展している土地の一つです。
先月も行ってきたのですが、以前と比べると随分人や車が増え、空気の臭いも変わってきたようです。
どんどんモノは手に入りやすくなってきているんですけどね。
寂しいやら、嬉しいやら。






モノがあふれている世界に生きる人達は、「何かが足りない」と嘆きます。
その「何か」があふれている世界に生きる人達は、「モノが足りない」と嘆きます。
どちらかに傾けば、当然天秤のごとくその対極にあるものが離れていきます。
そんなことわかっているはずなのに、やっぱり両方欲しがってしまうもどかしさ。
結局は無いものネダリなんでしょうか。
行き過ぎた願望に知恵が手を差し出せば、それはただの欲望でしかないと思うのです。

ま、欲でのし上がってきた人間さまだから、当然なのかもしれませんが。
おざなりな話ではありましたが、ここらで失礼。
[PR]
by sukkesuke85 | 2006-02-13 11:23 | 駄文

いっぺん落ちてみるのもいいもんだ

さあ、夜がきたぞ。
果たして君は、何を思う。
過ぎた時間を、ごみ箱を眺めるような目で悔やむのか。
まだ見ぬ明日を、洒落たドラマを覗くように思うのか。
それともこの夜の静けさを、夢想の温もりで暖めるのか。
さあ、果たして君は、何を思う。
限りあるこの夜に君は。








時間は待ってくれない、と言われました。
そりゃそうだ。自分は時間じゃないもの。
言われなくても、わかってますよ。
だからどうぞ、「馬鹿野郎」と言ってやってください。
その優しさに、甘えたくなってしまうんです。
まだまだベイビーボーイですから。


中学、高校時代、日記をつけていました。
その日一日、特に気にかかったことを感情のままに書きなぐった、なんとも幼稚な雑記。
「お寿司を食べたら、わさびが鼻にツーンときました。」
そんな雰囲気。
真剣な幼さ。
無知から生まれる真摯。

忘れてたなー。
や、忘れちゃいなかったんだな。
恥ずかしがってただけだったかな。
そーいや言い訳、多くなったもんな。





ってことで日記再開。
使いやすいほうに乗り換えただけですが。
オメロンチョ。
[PR]
by sukkesuke85 | 2006-02-12 22:05


俺と嫁と、時々マメ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28