inter-play



触って、笑って、泣いて、

学校帰りの小学生。
電車に乗りこむと同時に、誰かの悪口の発表会が始まる。
ああ、昔はよかったな、なんて思ってみる。







今、素直な子供なんているのだろうか。
相手に面と向かって文句を言える、そんな奴は珍しくなっちまったんじゃないか。
コミュニケーション不足だとか言うくせに、話し方一つとってもいろいろと出てくる。
相手を傷つけちゃいけません、思いやりをもって・・・
そんなもの、やってみて初めて知ることで、どうこう言われて納得できるものではない。
傷つけなきゃ、傷つかなきゃ、わからんちんだ。
いちいちそんなこと言われてちゃ、臆病にもなっちまうわね。
いざ、って時に、言葉は出てこなくて当然ね。


大人の会話に子供は参加できない。
そのくせ、子供の会話を大人は管理したがる。
なんで今があるのか、ちょっと考えてみれば可笑しくてしようがない。



適度に傷つき、適度に傷つける。
それでいいじゃないか。
それでよかったじゃないか。
[PR]
by sukkesuke85 | 2006-06-25 10:00 | 駄文
<< いったりきたり、いったりきたり 梟どもが鳴いている >>


俺と嫁と、時々マメ。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31